感謝のしるしに花束を

私が高校の頃に、クラスの先生が別の高校に異動するということで、花束を贈る機会がありました。その際は、クラスの委員長や副委員長の人が中心となって、離任式までの数日間で先生に贈る花束を決めることとなりました。

 

白いバラやスイートピーなどが組合わせられた花束を高校の近くの花屋で作ってもらい、式の当日まで先生にそのことがばれないようにクラス全員で花束を贈るということを計画しました。離任式本番では生徒会の人がそれぞれの先生に大きな花束を贈り感謝の気持ちを表し、会場では感動的な雰囲気に包まれていました。

 

そして、自分のクラスに戻って先生の最後の話を聞いた後に、クラスからの気持ちを込めた花束を委員長が代表して渡すことになりました。渡した瞬間は先生は笑顔を見せてくれ、クラスメイトには泣き崩れる人も多くいました。花束を渡すまでは自分のクラスの先生との別れに実感が湧きませんでしたが、花束を渡すとそうした感覚がひしひしと出てくるようになり、感動と寂しさが同時に思いとして湧き上がってきたことを今でも覚えています。

バラの花束

友達の誕生日に、プレゼントとちょっとした花束をあげようとしたことがありました。もうプレゼントは用意してあるから、あとは当日にお花屋さんに行こうと予定。
そして当日、ちょうど友達の職場の近くにお花屋さんがあるから、その店に寄ってから友達のところまで行こうとしました。でもそれまで花なんて買ったことなかったから金額については全くの未知の世界です。花の種類もほとんど分からないから、単純にそんな私でも知ってるバラの花束にしようと思いました。そしたらけっこうな金額がするんですね。知らなかったです。

 

結局予算の関係でバラ5本とかすみ草になったけど、お花屋さんがおまけをしてくれてバラ6本になりました。それがとても嬉しかったから、あとで友達に「お花屋さんがおまけしてくれたよ」と言ったら、友達も嬉しそうでした。友達が喜んでくれてとても良かったです。

便利なお花ギフト

お花ギフトは機会があれば利用しています。慶事よりも弔事での利用が多いです。お祝いごとは早くから予定がたっているので、準備も早くから出来る為ギフトもお花とは限らず、色々な品物から選びます。

 

それに引き替え弔事は予測不可能で突然やってきます。お別れの席に参列出来れば一番良いのですが、遠方などの場合都合がつかなくていけないことがあります。そんな時はお花ギフトが本当に便利です。予算に合わせて様々なデザインから好みの品を選べます。花束からアレンジメントまでその種類は本当に豊富です。

 

現金を郵送するよりも心がこもっている感じがして気に入っています。式場に贈るのは最近は決まりが多いので、自宅用に贈る場合が多いです。悲しい気分の時ほどお花のパワーを感じる瞬間はありません。普段なにげなく眺めている花が本当に心を癒してくれるのです。

 

便利な花ギフトは色々な機会にお薦めです。

感謝の気持ちを花ギフトで

長年、お世話になった習字教室の先生が、とうとう引退されることになりました。そこで、今までのお礼と、先生が、今後ますますお元気でいてくださるようにとの願いを込めて、クラスの生徒で全員で、花ギフトを贈る事になりました。先生の好みを考えながら、皆でどれにしようかと話し合い、お花を選びました。お花は先生の引退祝いの当日、教室に届けてもらうことにしました。引退のお花ですから、華やかな方がいいよねと、ちょっと豪華な花束を選びました。

 

お花のギフトって、いつまでも残る物ではありませんが、その場が、パッと明るい雰囲気になるのでいいなと思います。お祝いの席にはぴったりな贈り物ですね。最近の花ギフトは、種類も豊富だし、引退のお祝いだけじゃなく、友人の誕生日や新築祝いに贈っても喜ばれるだろうなと思います。引退祝いの当日には、先生の喜ぶ顔が楽しみです。

 

フラワーギフトを贈るときのアドバイス

フラワーギフトはよく贈りはします。というのも私が花屋で働いていたからです。お客さんの花束やアレンジを作ることはもちろんですが、お気に入りの花が入荷されるとよく母用に束ねてプレゼントしていました。

 

他にも友人の結婚のお祝い用や、出産祝いに添える花束など色々と自分で作りプレゼントしましたが、自身で相手の好みそうな花の種類を選び贈るので、気持ちが伝わるのか皆さんとても喜んでくれました。またよく言われたのが、「花束なんてそんなに貰う機会がないから嬉しい」です。
意外と花を貰って喜ぶ女性は多いようです。

 

花を贈るときに気をつけてもらいたいのが、いつ・どこで、誰に、何のお祝いで贈るのかです。花屋のスタッフも何も情報がないと予算に見合う、ある程度決まった型の花束を作るしかありません。しかしそこに少しでも贈る相手の情報が入るとそれに合わせて花束を作ることが出来ます。

 

例えばバラが好きな女性へのプレゼントだとすれば、「バラを何本か入れたかわいい花束を予算いくら位で」と言うだけで出来上がる花束は全然違うと思いますし、スタッフからアドバイスもあるかもしれません。